医局辞める.com【※スマートに民間病院に転職する方法】

TOP >> ここは押さえよう >> 医局の教授とソリが合わない場合は

医局の教授とソリが合わない場合は

医局の教授とソリが合わない場合の対処法としては大きく分けて3点ポイントがあります。

まず1点目のポイントは教授と対極の権利を持つ派閥へ移動するということです。大学病院の中には多くの科があり、それだけ多くの教授がいます。ですから、まだどこの派閥に所属するか決まっておらず、どの教授の下についてもいい場合は、なるべくソリのあう教授の下につくことが対処法となります。対極の関係、つまり反対勢力にある教授であれば、ソリの合わないことを素直に打ち明けても快く派閥へ受け入れてくれる可能性があります。2点目のポイントは教授とソリを合わせず、異動先に期待することです。教授とソリが合わない場合、どうしてもその医局では立場が悪くなります。そうなっても、せっかく入った医師をそう簡単に辞めさせるということはほとんどありません。多くの場合、関連病院への異動要員とさせられます。関連病院でも、患者に向き合う医療行為をすることに変わりはありません。関連病院へ異動後は人間関係がうまくいくかもしれませんから、それに願いを託して黙っているというのも一つの手ですね。

但し上の2つの方法はどちらもかなり精神的なストレスがかかる方法です。特に1点目の方法はうまく転身しなければどちらの教授ともやりにくくなる危険性も含んでいます。このように人間関係が原因で悩んでいる医師はとても多いです。医局の教授とソリが合わないことも、実際に医局を辞める医師の大きな原因の1つともなっています。そのことを考えると長い間ストレスに感じ、そのまま働き続けるよりも、転職を考えるのが一番手っ取り早い対処法だと言えます。もちろん、ソリの合わない教授に転職の意向がばれるのも良くありませんから、ばれないように転職活動を行うことが大前提です。また、たった1人で転職活動をしていては、教授にばれる可能性も高い上、仕事がうまく回らず、転職先を見つける前に職を失う可能性も出てきます。そこでお勧めの転職方法としては、転職エージェントを利用することです。転職エージェントはむやみやたら多数の病院を紹介してくるわけではありません。きちんとカウンセリングをし、なぜ医局を辞めたいかもしっかりとヒアリングしてくれます。その上で、どの転職先が給料面や立地面などでマッチングするかを専門家が考えてくれるのです。もちろん秘密はしっかりと守ってくれる上、給料や雇用形態などのこちらの要望の交渉もエージェントがしてくれるので、転職希望がばれることなく精力的に活動できるのです。

>> 医局を離れるためのサポート体制に定評あり! <<
>> 医師転職エージェントの人気ランキングはコチラから <<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 医局辞める.com【※スマートに民間病院に転職する方法】 All Rights Reserved.