医局辞める.com【※スマートに民間病院に転職する方法】

TOP >> ここは押さえよう >> 医局にとどまるメリットは?

医局にとどまるメリットは?

医局を辞める医師が増える一方で、とどまる医師ももちろんいます。この時、医局にとどまる場合のメリットは大きく分けて2点あります。

医師が医局にとどまるメリット1点目は研究に重きを置くことができるという点です。医療現場に携わりたいという希望を持つ医師には2パターンの人がいます。1つは患者をどんどん治療して病気を治してあげたいという現場主義の人です。2つ目のパターンの人は医療現場で見えてくる難病や新しい治療方法の実践知識を研究し、新しい治療方法などを世の中に提案したいという人です。1つ目のパターンの人は医局で働くことに疑問を抱いてもおかしくありません。常に新しい治療方法を提案したり、新しい研究論文にまとめ上げることを求められます。一方で2つ目のパターンの人にとっては医局で働くことはしたいことを叶えられることにつながります。大学病院には、全国から難病や重病の人が集まります。そのような人の治療に当たり、その経過を見つめることで新しい発見や治療方法に結びつく可能性があります。このような可能性は実際小さな病院ではありえません。大きな病院でも治療が難しい患者の場合は大学病院へ紹介することが少なくない為、本当の意味で最先端の医療技術を実践できるのは大学病院だともいえるのです。その為、研究に重きを置き、新しい治療方法を見つけ出したい希望がある方には医局にとどまるメリットがあると言えるでしょう。2点目のメリットは博士号や大学の肩書が付くということです。有名な大学の付属病院であれば、大学の評判が良ければその大学のレベルが自分の肩書となるわけです。例えば歳を取って開業する際も、「○○大学付属病院に何年勤務」などと書きますよね。そこの欄に書かれている大学が有名大学でればあるほど、自分の臨床能力とは別に、高い評価を患者から受けることができます。その為、有名大学の医局には将来の開業を見越してとどまることを選択する人も少なくありません。

これらのメリットがある為、医局にとどまる医師もいます。転職エージェントではこれらのメリットも経験豊富なエージェントスタッフがお話ししてくれます。自分がどちらのパターンの医師で、転職をすべきなのかしないべきなのかわからない人もいるでしょう。そんな方でも経験の豊富な転職エージェントのスタッフは個人情報をしっかりと守りながらカウンセリングをしてくれます。転職すべきか迷っている段階でも快く転職相談に応じてくれる親切丁寧な転職エージェントを利用しましょう。

>> 医局を離れるためのサポート体制に定評あり! <<
>> 医師転職エージェントの人気ランキングはコチラから <<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 医局辞める.com【※スマートに民間病院に転職する方法】 All Rights Reserved.