医局辞める.com【※スマートに民間病院に転職する方法】

TOP >> ここは押さえよう >> よくある医局を辞める理由は?

よくある医局を辞める理由は?

医局を辞めたい人が増える中、その辞めたい理由は大きく分けて3つ挙げられます。

1点目は医局のハードな勤務条件です。日中夜関係なく、重病患者を任され、患者の治に研究にと明け暮れる勤務は決して簡単なことではありません。しかし医局では重病患者の治療にあたったことよりも、手術を成功させたことよりも、何より研究論文が重要な位置を占めます。逆に言うと、患者を救う治療のほうよりも研究が素晴らしい医者が評価を上げ、どんどん偉くなっていくという評価基準があります。そのような状況では、どんなに患者の治療に忙しい状況でも、常に「研究はどうなの?」と教授から打診されることになります。患者の治療に専念するよりも、治療と研究をうまく両立する時間配分が出来なければ医局で働く勤務内容はとても24時間では収まりません。このようなハードな勤務内容にも関わらず、給料は周りの医療施設と比べて高いことはありません。個人での開業医のほうが大分年収は上回るケースも多いです。つまりこのようなハードな勤務内容が理由となって辞めていく人がとても多い理由の1つです。

2点目は臨床技術を高める為です。大学病院には難病患者が全国から集まり、様々な症例が集まることから、技術的に高まるイメージがあります。しかし、論文化することがメインの目標となっている大学病院の医局では、臨床技術を高めることをメインの目標とできない背景があります。その為、大学病院よりも周りの医療施設のほうが手術の技術や、新しい治療方法を試す現場としてスキルアップできるのではと考え、医局を辞めるに至るのです。このようにスキルアップを理由に転職を考える人も少なくありません。

3点目の理由は、給料面です。医局の給料は技術力での評価というよりは、研究論文でどれだけ評価を得るかということで給料面も変わってきます。その為、技術はあるのになかなか上に上がれないという医師も少なくありません。他の病院ではもちろん技術や経験が大きな武器となり、給料にも反映されますから、転職によって給料がアップする可能性が高いのです。その為、給料アップを狙って転職するという理由の方も多くいます。

これに当てはまる人も当てはまらない人も、共通する辞めたい理由もあれば自分だけの理由を抱える人もいるでしょう。どちらにしても辞める場合の理由は1つではないことが多いです。それらすべての理由や背景を読み取ってくれるプロフェッショナルが適切な転職先を見つけ出してくれるのが転職エージェントなのです。

>> 医局を離れるためのサポート体制に定評あり! <<
>> 医師転職エージェントの人気ランキングはコチラから <<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2016 医局辞める.com【※スマートに民間病院に転職する方法】 All Rights Reserved.